smlbeme

意志のない日記

20220506

赤くないし髪も短いマヒトさんと話していた、彼はよく夢に出てくるひと。

シオプロのあと、サラさんと同じ電車に乗った。彼女と話すのが結構すきだ、話したいことを話しても大丈夫な大きな受け皿を感じるというか。貸していた本の話とか、沖縄の話とか、これから観るという映画の話とか。神戸で降りて行った。

私は鍼に行ったわ。これまで施術を受けるとき、地震が来たらどうしよう?とはずっと思ってたけれど、もし寝てしまって寝返りをうったら?というこわさもあることに気がついた、寝てしまいそうだったのを必死でこらえた。

13時を回ってお腹が空いていたので、丸玉食堂に行くことにした。初めてカウンターにすわり、はじめて肉めし。お昼だからなのか(?)スープが付いてくるのは知らなかった。ホールのお姉さんはとんこつラーメンみたいなやつをたべていたな、セブンイレブンの惣菜と米も

姫路に向かう、電車に乗る。行きはサラさんと話していて気がつかなかったけれど、今日の海は青い!青い!なにかの臨界点のよう。姫路はchelokeeが目当てで、ゴールデンウィーク前にたくさん入荷していたみたいだから1日でもはやく訪れたかったのだけど、ようやくタイミングがあって行くことができた。いつ行っても最高の空間で、最高のものが置いてある。ピンクのTシャツと、インスタで見ていたまるいカッティングの帽子を手に取ったところで、ずっと想っていたラグが目に入る。もうとっくに売れていると思っていたので驚いていると、広げてくれる。実はデッドストックで数枚手に入ったので…と、信じられない価格で売っていた、ので、買った。最後の1枚だった…… 店主さんがいつものように、今日はインテリアとかラグ、ファブリックのことを話してくれる。服やものをみている間は放っておいてくれて、迷っている時とかレジの時に話しかけてくれる。とてもよい距離で接客してくださるので、とてもありがたい。本当に好きな店だ。

駅の近くにドンクのプチのやつ、カヌレも買って、ほくほくして帰宅する。爛漫の、下から弦をかくのがかっこよくて好き、自分もかきならしたくなったのでせいぞうさんのギターをかりて何度か弾いた。鍼で脈をみてもらった時に、寒がつよい、緊張している、と言われたので料理をして落ち着く。唐揚げのたまごどんぶりと、茄子と海老と菜の花のクミン炒め。めちゃめちゃ美味しくできた。ご飯を食べ終わった後にも爛漫をもう何回か弾いた。

部屋に戻って明日からの用意をする。服と本と紙で部屋が波打っている、なんでも取っておくタイプの私の物量は、もうこの部屋のキャパを超えているような気がする。そういえばこの間気がついたけれど、おばあちゃんも色々とっておくタイプらしい。この前もらった巾着は、九州に旅行に行った時に旅館でもらったやつ、だった。色違いで2枚。