smlbeme

意志のない日記

20220126

階段の上からみえるのは、ピンク色の家 屋根のふちは赤 日がさすと淡くなってゆくのがすごく好きです、窓にうつるピンク色の雲も

久しぶりに買い物へ行った。茶色のコーデュロイのパンツも久々に履いた。たんすの中でよく眠った匂いが鼻へとあがってくる。

 

夜、住む町のためにかかれた音楽を、住んでいる人たちで演奏する。リハーサル。音楽ってこんなに楽しい、こんなに楽しいものでしたね。