smlbeme

意志のない日記

20211225

朝起きる。と、隣に友人が眠っていて、サンタさんから彼女が届いたみたいで笑ってしまう。昨日の写真をみて2人で朝から笑いながら準備をする。彼女にもらったピンクのマスカラをつける。今日は本番だ。

電車で新長田へ。車内では男の子がTHREEの紙袋をもって立っていた。みんなどこかへ、誰かと会うためとかそういう何かのために、もしくは目的もなく、移動している。クリスマスですね…会場についたら1番乗りで、すごくそわそわしたのでコンビニへ。喫茶コーナーの女性が隅の方で白いお皿に乗ったゆかりごはんをぱくぱく食べていて、無性にお米が食べたくなる。海苔がついていないしゃけのおにぎりを買った。

本番は、本番だったという感じで、前半は会場に慣れることができず弁士さんの声ばかり聞いてしまいあまり思い通りでなかったけれど、後半になるにつれてなんとか、なんとかという感じ。こんな機会最初で最後だろうなと思いつつ、デビューだったね〜頑張ったね〜と声をかけてもらえたことが嬉しかった。打ち上げはたしかアリさんが前におすすめしていた韓国料理屋さんへ。どれを食べても美味しく感動した。また行きたいな、ただ、あの梨ジュースにはアルコールが入っていたと思う。疲れもあってだろうか、プールに入った後のようなほわほわした身体で店を出る。

帰宅して、クリスマスだからとケーキを食べに友人の家へ。女性専用車両はみんなひとりで乗車していて、間違えても普通車両に乗らなくてよかったと思った。友人の家までの道のり、真っ暗なコープの静けさ、商品が眠っているようだった。久々にゆっくりと時間を過ごした、楽しかったけれどずいぶんと気を使わせてしまっていただろうな、わかっているのに、そういうところなんだけどな、私。