smlbeme

意志のない日記

Entries from 2022-05-07 to 1 day

20220506

赤くないし髪も短いマヒトさんと話していた、彼はよく夢に出てくるひと。 シオプロのあと、サラさんと同じ電車に乗った。彼女と話すのが結構すきだ、話したいことを話しても大丈夫な大きな受け皿を感じるというか。貸していた本の話とか、沖縄の話とか、これ…

20220505

今日の海は、うみ、というかんじ、穏やかでやさしい日のひかりを浴びて少し白んできらめいているけれど、その一枚下には深い深い青 昨日の夜にベッドに横たわるとぱたぱたときこえてきた、あの羽音はなんだったんだろう?鳩?それとも夢だったのだろうか?ふ…

20220504

今日の海は特にきらきらしている、とても美しい、うつくしい。珍しく砂浜から釣りをする人がたくさんいる。何が釣れるんだ? 少し前のゲーム念仏をきく。だらだら寝てて気持ちよかったことない、っていう堂前さんの言葉、しみた。あの人はどこまでも、誰より…

20220503

疲れが溜まっている、ということがよくわかる。グビングで動画をみながらご飯を食べていると、同居人がやってきてびっくりする。カネコアヤノの演奏会で弦が切れた瞬間のことを思い出す。ひとりの空間から急にパブリックな空間に引き戻されることってある、…

20220502

4列の夜行バスをとって隣の席が空いていてたのはラッキーだし、そもそもの夜行バススキルはどんどん高まっているが、おしりが取れそう、痛すぎる。もう、2晩とかは、バス無理かもしれない。高校生から何も変わっていないと思っていたけれど、全然そうではな…

20220501

夜行バスを降りる。3列シートだったとはいえとてもしんどい。電車で銭湯まで移動する、駅にて「300円だけでいいんで…」と海外の人に話しかけるおじさんは、顔にガーゼを無理やり貼り付けていた。 鶯谷駅前のガードレールにガムテープに単語が書かれたものが…

20220430

本番の日。稲田さんの車に乗せてもらって、もはや恒例になった朝マック、ソーセージエッグマフィン。淹れてきたハーブティーと一緒に食べた。会場、客席が80席ほどあって、私がよく訪れる劇場と同じような規模感。このような会場で演奏できるのが本当に嬉し…

20220429

今日の夢ではイルカプールの中に入っていた。たぶん、長く過ごした前の恋人と船に乗っていた、夢の中だけれど、とても気持ちが落ち着いた。昨日の帰りの電車で、その人と別れてなかったら?っていう、後悔はしてない?という質問をされたけど、想像がつかな…

20220428

寝るスペースのある寝台飛行機でねむる夢、さいごプールに入って私は飛び込んだり泳いだりしていた。実家のリビングはいつも夜更かししてしまって、そのまま寝てしまう。なぜだろう? 高校生の時につけていた、作品を観た記録をしているノートを発掘する。本…

20220427

今日は骨のついた魚を飲み込む夢、調子の良くない日のゆめはのどがつっかえる。そのあとみた夢には中学生の時のふたり 髪を切る予約を入れてから、前髪伸ばすのもいいなあと思う、いつもそうだ。前髪をパールのピンでとめて大学へ。今日の海は濁っている。駅…

20220426

久しぶりに友達と会って、健康診断に行く。またまた久しぶりの学食で鯖の生姜煮を食べて、またまたまた超久しぶりの友達と遭遇した。これが大学生活だったか。就活の話とか、した。 家に帰ってもろもろの作業をしようと思っていたのだけれど、すごい眠気に襲…

20220425

朝ごはんにリビングに降りる。ぬるい空気が溜まっているので網戸にして風を通す。なぜだか洗面所の前に数日前に現れたスモークチーズを誰かがキッチンに移動させている。私にはみえていなかった誰かの動き、動線、を感じる。 エントリーシートを書いていると…

20220424

一度書いたものが消えてしまって泣いている、はあ、もうあかんて。悔しい、だから、もう、メモをそのままのせることにする。 からまってもつれて転げてしまう、その前に 友達おらんなあ、と思っていた 雨を感じられる人と、ただ濡れる人 鐘の音が鳴る、エン…